奄美大島でBBQをするなら?自由なBBQから楽なBBQまでご紹介

奄美大島でBBQをするなら?自由なBBQから楽なBBQまでご紹介 旅行
奄美大島でBBQをするなら?自由なBBQから楽なBBQまでご紹介

南国でのBBQ。思い浮かべただけで楽しそうですよね。

ただしBBQとなると食材の調達や、BBQができる場所は限られてきます。

そんな悩みを解決するために、この記事では沖縄より格安で行ける場合が多い奄美大島でBBQを楽しむ方法をいくつかご紹介したいと思います。

この記事では奄美大島でBBQを楽しむ方法を、幅広く紹介しています。

自由にできるBBQから楽にできるBBQまで、好みのBBQスタイルを選んでください。

※2020年08月05日時点の情報となります。

【自由度MAX】奄美大島でのBBQは全て自分で調達してする

何もかもBBQの準備は自分でしたい!と思っている人向けです。

炭と食材だけ用意するパターン

宿泊先によってはコンロだけ用意されているところがあります。

この場合は、炭(チャッカマン等も)や食材を用意してBBQを楽しむ方法です。

全て奄美大島で揃える事が出来るので、一番気軽に自由度MAXで楽しめる方法ではないでしょうか。

味にこだわる人は調味料を、BBQのスタイルを気にする人はトング、くらいは用意してもいいかもしれませんね。

よく網も用意されている宿がありますが、網は100均などで新しく新調する事をオススメ致します。

汚い網だったり、大きい穴が開いている網だったり…使い勝手が悪い網も多いので、その対策にもなります。

コンロから用意するパターン

えっ?コンロから用意するの?と思われる方もいるかもしれませんが可能なんです。

このような使い捨てコンロ(インスタントコンロ)を利用する方法ですね。

ちなみに100均で有名なダイソーでも売っています。(実際には300円)

奄美大島にもダイソーがありますので、現地で調達するのもいいですが、万が一売り切れを考えると事前に買っていた方がいいでしょう。

またコンロ自体は小さめになりますので、少人数向けの利用となります。

ただし、持ち運び&後片付けが楽なので、(BBQを行ってもOKな)浜辺等で気軽にできるのも魅力の一つですね。

現地に行って使い捨てコンロの使い方であやふやするのを防ぐ為に、事前に1度利用をする事を強くオススメします。

浜辺でBBQをする場合は、必ずBBQを行ってよい場所かどうかも確認するようにしましょう。(後片付けも必須です。)

各種買い出しオススメ先

食材を買うならここがオススメ

食材を調達するには、

  • タイヨー浦上店
  • タイヨー平田店
  • A・コープ鹿児島笠利店
  • A・コープ鹿児島瀬戸内店

こちらのスーパーがいいでしょう。

タイヨー浦上店が広くて、空港から名瀬市内に向かう途中にあるので、個人的には一番オススメです。

空港近辺で少し食材を調達したい場合には、A・コープ鹿児島笠利店がオススメです。

古仁屋港の方に宿泊先がある場合には、タイヨー平田店A・コープ鹿児島瀬戸内店の利用がオススメです。

万が一、目的の食材などが見つからなかった事も考えて、複数のスーパー利用がいいでしょう。

炭やBBQで使う道具や日用品を買うならここがオススメ

炭やBBQで使う道具を調達するには、

  • ビックツー

がいいでしょう。

こちらも空港から名瀬市内に向かう途中にあるので、利用しやすいと思います。

炭とかはスーパーでも売っていますが、その他のBBQで使う道具や日用品等を揃えるために、ビックツーにも立つ寄っておくのは得策だと思います。

また、お土産をビックツーで買って送ってしまう(5000円以上で送料無料)という使い方もできるので、旅行者にオススメです。

ビックツーには食材も売っていますが、少人数でのBBQには向いておりません。大人数でBBQをする場合に向いている食材の量となります。

いずれにしても食材は先に紹介したスーパーでの調達をオススメ致します。

その食材の保管に保冷バックが大活躍します。

奄美大島へ持っていくものリストをこちらの記事でまとめていますので、是非参考にしてみてください。

BBQで使う道具について

たとえばトングとか基本的にはなんでも奄美大島の現地で調達できるものばかりです。

物によっては使いやすかったり使いづらかったり

道具1つの使いやすさで楽しさが半減してしまいますよね。

お気に入りの道具を揃えておくと普段使いもできるので、BBQで使う道具はある程度揃えておく方がいいでしょう。(そんなに大きな荷物にもならないですし)

【楽さMAX①】奄美大島でBBQは「あまみ出前BBQ本舗」を利用する

次は奄美大島で楽にBBQができるサービス、あまみ出前BBQ本舗を利用する方法をご紹介いたします。

食材、器材レンタル、場所選び、後片付け、全てお任せでき、1名からでも利用OKなのが魅力です。(1名で利用する方はほとんどいないと思いますが…)

金額についても1人3,000円~とかなりリーズナブルな設定になっていますので、初めて奄美大島でBBQをしたいといった方向けかなと思います。

人数金額(1人あたり)
2名様4,000円(奄美市朝仁海岸、他相談)
4,300円(龍郷町)
4,500円(奄美市笠利、瀬戸内町他相談)
3名様3,500円
4,5名様3,200円
6名様以上3,000円
あまみ出前BBQ本舗は、2時間制、全て税込価格、食材、飲み物持ち込み自由!

お子様の場合は、

小学6年生以下4年生まで 2,500円 (食材は大人と同じ)

小学3年生以下1年生まで 1,500円 (食材は大人の半分)

未就学児 無料 (食材なし)

となっています。

全て用意してくれて、この金額は魅力的ですよね。

2020年07月05日時点、新型コロナウィルスの影響で一時休業しております。営業再開はHPで確認するようにしてください。

あまみ出前BBQ本舗 ~ どこへでも行きます!手ぶらでOK!奄美 大島の出前バーベキュー ~
どこへでも行きます!手ぶらでOK!食材、器材レンタル、場所選び、後片付け!すべておまかせ! 1名よりOK!大人1名3000円より 奄美のBBQを大自然でどうぞ!    ※スマホでご覧の方はお店のロゴ右の三本線のメニューよりHP閲覧をお楽しみ下さい。 | 奄美大島,奄美,あまみ,amami,BBQ,bbq,バーベキュー,...

【楽さMAX②】奄美大島の宿泊先で用意してくれるBBQを利用する

次は奄美大島の宿泊先でBBQを用意してくれるところをご紹介いたします。

宿泊先で用意してくれるので、後片付けなどが不要でこちらも楽にBBQが楽しめますね。

奄美リゾートホテルティダムーンでBBQ

奄美大島のリゾートホテルで有名なティダムーン

ここでは、海を望むテラスでBBQが楽しめます。(要事前予約)

鶏飯で有名な奄美大島だけあって、BBQで楽しむ鶏肉が絶品だという口コミも。

奄美リゾートホテル THIDAMOON(ティダムーン)【公式サイト】
鹿児島県奄美市の大自然を間近に感じるリゾートホテル THIDAMOON(ティダムーン)。大島紬資料館、大島紬美術館では、本場奄美大島紬の伝統と技に歴史から製作過程まで、島の風土と文化を伝える島料理は島豚のしゃぶしゃぶ、豪快な海鮮伊勢海老鍋、BBQなどおいしいものいっぱい。瑠璃色の海と空の下でウェディングも・・・。孤高の...

いも~れ奄美民泊村

何もない贅沢を楽しむ宿、いも~れ奄美民泊村でもBBQが楽しめるプランがあります。

食材付きでドリンク飲み放題プランなど、お酒好きにはたまらないプランですね。

【公式】いも~れ奄美民泊村|BBQ、グランピング、キャンピング
奄美大島のビーチそばのコテージ、グランピング、キャンプサイト。手ぶらでBBQ出来ます。 いも~れ奄美民泊村。泊まる、食べる、遊ぶ『旅で暮らす奄美』を感じて!!

【番外編】奄美市大浜海浜公園でのBBQもオススメ

奄美大島の繁華街でもある名瀬市内から、タクシーで20分程度で行けるところにある奄美市大浜海浜公園でもBBQを楽しむ事が出来ます。(要事前予約)

ここでは夕日を眺めながらサンセットBBQができるので、名瀬市内に宿泊を考えている方にもオススメです。

飲み放題プランや、その他軽食などもあるので、大人数でワイワイするのにぴったりな場所でしょう。

BBQセットの予約は4名様~、飲み放題プランは10名様~、ご利用の2日前までの予約となりますので、ご注意ください。

その他、お飲み物持ち込みプランもありますので、利用人数を確認の上、事前に施設に問い合わせてみた方がいいでしょう。

奄美市大浜海浜公園 | OHAMA SEA SIDE PARK 公式サイト
奄美市大浜海浜公園は豊かな自然あふれる奄美大島でも人気の高い海浜公園のひとつです。サンゴ礁と透き通る海、白い砂浜、奄美ならではの植物や野鳥といった亜熱帯の大自然を満喫できます。大浜海岸では東シナ海に落ちていく夕日を眺めることができ、感動的な風景を楽しめます。奄美海洋展示館や小浜キャンプ場といった施設も整備されており、バ...

まとめ

いかがだったでしょうか。

奄美大島でBBQを楽しむには
  • 何でも自分で揃えて自由度MAXのBBQ
  • あまみ出前BBQ本舗を利用して楽さMAXのBBQ
  • 宿泊先で用意してくれる楽さMAXのBBQ
  • その他のBBQ

南国にいったら海も楽しみたいところですが、食事も楽しみたいところです。

美味しいお店でお酒を飲むのもいいですが、南国でBBQを楽しんでみてはどうでしょうか

南国でBBQを楽しみたいと思っている人に、この記事が少しでも参考になればと思います。