【初心者でも大丈夫】クルーズ旅行で失敗しないドレスコードまとめ

【初心者でも大丈夫】クルーズ旅行で失敗しないドレスコードまとめ 旅行
【初心者でも大丈夫】クルーズ旅行で失敗しないドレスコードまとめ

こんにちは。

ちょっと昔まではクルーズ旅行というのはお金持ちが行くところ、といったイメージがありましたが近年では割と安い値段でクルーズ旅行に行けます。夫婦でもいいですしもちろんカップル同士でも、後は親孝行でクルーズ旅行を利用している人もいるんじゃないでしょうか。

ただクルーズ旅行にはちょっとしたマナーがあります。今回はそのマナーの中でもドレスコードに着目して説明させて頂きます。

クルーズ船内でのドレスコード

クルーズ船内でのドレスコード
クルーズ船内でのドレスコード

クルーズ船内でのドレスコードは一般的には以下の通りです。

  • カジュアル
  • インフォーマル
  • フォーマル

それぞれ詳しく説明致します。

カジュアル

少しオシャレな普段着といったところです。気軽な服装で清潔感があれば問題ないでしょう。

※Tシャツ、 短パン、ジャージ、スニーカー、サンダル等はNGです。

男性の場合

  • 襟付きシャツ
  • ポロシャツ
  • スラックス

女性の場合

  • ブラウス
  • スカート
  • スラックス

インフォーマル

軽いドレスアップといったところです。フレンチレストランに着ていく服装と考えれば問題ないでしょう。

※客船によっては「スマートカジュアル」や「エレガントカジュアル」とも呼びます。

男性の場合

  • スーツ
  • ジャケット
  • ネクタイ

女性の場合

  • ワンピース
  • ツーピース
  • パンツスーツ

フォーマル

正装といったところです。結婚式に着ていく服装と考えれば問題ないでしょう。

※ただし客船によっては緩いところや逆にきついところもあるので、そのあたりは適時確認するようにしましょう。

男性の場合

  • タキシード
  • ダークスーツ

女性の場合

  • イブニングドレス
  • カクテルドレス
  • ドレッシーなスーツ

和装の場合

和装でも問題はございません。

カジュアル

男性の場合

  • 着流し
  • 各帯

女性の場合

  • 小紋

インフォーマル

男性の場合

  • 羽織(必須)
  • 白足袋

女性の場合

  • 色無地
  • 付け下げ
  • 小紋(柄の格調が高いもの)

フォーマル

男性の場合

  • 紋付
  • 羽織(必須)
  • 白足袋

女性の場合

  • 留袖
  • 訪問着
  • 付け下げ(柄の格調が高いもの)
  • 色無地

日中や寄港地での服装

日中や寄港地では以下のような服装がよいでしょう。

男性の場合

  • ポロシャツ
  • シャツ
  • スラックス

女性の場合

  • ブラウス
  • スカート

参考にしたサイト

この記事に一部は以下のサイトを参考にしています。

クルーズ旅行でのドレスコード - 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)
あなたに最高の船旅(クルージング)をお届けする「飛鳥クルーズ」サイトのクルーズ旅行でのドレスコードページです。
クルーズの服装|はじめてのクルーズ|クルーズ - 郵船トラベル株式会社
クルーズの服装をご紹介。飛鳥IIをはじめ豪華客船で行く国内・海外クルーズは郵船トラベルにお任せください。
こちらからクルーズ検索が行えます。

まとめ

どうでしたか。

クルーズ船も様々な個性があり、比較的料金の安いカジュアル船と料金も格調も高いラグジュアリー船があります。それぞれの船でドレスコードの意味が違いますので、乗船する船のドレスコードは事前にしっかり把握しておくのがよいでしょう。

事前に把握しオシャレを楽しむのもいいですが、周りの人達の服装もチェックすると2回目以降のクルーズ船旅行もぐっと楽しくなると思います。

※ちなみに客室の中での服装はなんでもいいです。