【レビュー】奄美大島の貸別荘ラッキーハウスに泊まって分かったメリットとデメリット

【レビュー】奄美大島の貸別荘ラッキーハウスに泊まって分かったメリットとデメリット 旅行
【レビュー】奄美大島の貸別荘ラッキーハウスに泊まって分かったメリットとデメリット

子ども連れの家族や大人数で楽しめる今人気の貸別荘

貸別荘というと、

料金が安い貸別荘はちょっと古臭く、

料金が高い貸別荘は何かと制約が多そう

このようなイメージがあると思いますが、近年では自由度が高く施設もキレイで手ごろな貸別荘も増えてきています。

奄美大島など南国に行く時にでもぜひ利用したいと思いますが、そんな奄美大島の中でも今回は、わりと手軽な料金で自由度の高い「ラッキーハウス」をご紹介したいと思います。

この記事では実際に僕がラッキーハウスに宿泊し、基本情報からメリットデメリットまでご紹介いたします。

1度は泊ってみたいな?と思っている人の参考になればと思います。

また記載している情報は、2020年09月15日時点のものとなります。

レビューの前に奄美大島で海の見える貸別荘「ラッキーハウス」とは?

奄美ラッキーハウスの2階からの景色
奄美ラッキーハウスの2階からの景色(引用:奄美ラッキーハウス

ラッキーハウスの基本情報

ラッキーハウスの基本的な情報です。

名前ラッキーハウス
住所(A・B棟)鹿児島県奄美市笠利町大字喜瀬打田原3307-3
住所(C・E・F棟)鹿児島県奄美市笠利町大字喜瀬打田原3535-3
HPあり
ラッキーハウスの基本情報

A・B棟、C・E・F棟とそれぞれ分かれており、A・B棟は有名な打原田ビーチの目の前にあり、C・E・F棟も打原田ビーチの端の方にあります。

ラッキーハウスの料金

ラッキーハウスの料金です。

奄美ラッキーハウスの料金
奄美ラッキーハウスの料金(引用:奄美ラッキーハウス

1棟貸し切りの料金となりますので、A・B・C・E棟に関しては人数が多ければ多いほどお得になります。

またF棟は他の棟と比べ、定員数が少なく(2名まで)、部屋から海は見れないため、安くなっています。

ラッキーハウスの行き方

海から見た奄美ラッキーハウスの位置関係
海から見た奄美ラッキーハウスの位置関係(引用:奄美ラッキーハウス

ラッキーハウスの各棟への行き方です。

奄美空港からA・B棟への行き方

奄美空港からC・E・F棟への行き方

A・B棟、C・E・F棟、それぞれ空港から近く15~20分くらいの位置にありアクセスもしやすいです。

チェックイン/チェックアウトの受付場所は現地ではありません。

後述で説明致しますので、間違えないようにご注意ください。

実際にラッキーハウスに泊まってみて分かったメリットとデメリット

奄美ラッキーハウスのA・B棟
奄美ラッキーハウスのA・B棟(引用:奄美ラッキーハウス

僕が実際にラッキーハウスに泊まってみて思った事をメリット、デメリットとしてご紹介いたします。

海の見える貸別荘「ラッキーハウス」のメリット

目の前が打田原ビーチなのでシュノーケリングにはピッタリ(特にA・B棟がオススメ)

これは本当にいいポイントです。

目の前が有名な打田原ビーチなので、シュノーケリングし放題です。

しかも打田原ビーチは有名なのですが、あまり人も多くなく波も比較的穏やかなので、のんびりシュノーケリングを楽しむ事ができます。

ラッキーハウスの外にシャワー設備もあり、シュノーケリングをしてシャワーを浴び、そのままBBQなんて贅沢な事も出来ちゃいます。

ちなみに打田原ビーチから車で5分くらい進むと、さらに人が少なくオススメの崎原ビーチもあります。ラッキーハウスを拠点にいくつかビーチを回るのもいいですね。

海を見ながらBBQが楽しめる(特にA・B棟がオススメ)

奄美大島にきて海を見ながらBBQが楽しめる、これもラッキーハウスのオススメポイントです。

ラッキーハウスなどの貸別荘ではないホテルでもBBQができるところはありますが、貸別荘だと食材からすべて自分で調達する必要があるので、面倒な反面、好きな食材を自由に食べる事ができるのもいいポイントです。

奄美大島でBBQの買い出しなど、詳しくは以下の記事でまとめていますので、是非参考にしてみてください。

ちなみに、チェックイン時にも説明があると思いますが、BBQセット(コンロや網)は外の倉庫にあります。

BBQで使う網は上の記事でも紹介しておりますが、施設にあるものではなく、別途用意した方がいいでしょう。(上の記事や後述しているデメリットで詳しく説明しております。)

炭やチャッカマンは現地にはないので用意する必要がある、と伺っておりましたが、実際にはありました…。

恐らくですが、前の利用客がそのまま置いて行ったものなのかな?と思いますが、念のため必要なものは調達してから行くようにしましょう。

4名様~の場合は、手ぶらでBBQというサービスが申し込めます(要予約)。この場合は食材などの準備も不要なので、大人数で泊る際には利用するのもありだと思います。

貸別荘なのでとなりの部屋の騒音など気にならない

これは、ラッキーハウスに限らず全ての貸別荘のメリットでもありますが、1棟貸し切りなので騒音など気になる事はありません。

そのため、子ども連れや、カップル、親との旅行などで気軽に楽しむ事ができます。

利用する側のマナーもしっかり守りましょう。近隣住民に迷惑になるような行為は絶対NGです。

鍵の受取と返却(チェックインとチェックアウト)が様々な場所でできる

ラッキーハウスの鍵の受取と返却(チェックインとチェックアウト)は以下のグループ会社のところでできます。

  • ラッキーレンタカー(空港前営業所)
  • ホテルビックマリン奄美(名瀬市内)※24時間受付

これが以外といいポイントで、奄美大島は以外と大きい島なので、観光計画を立てやすくなり、自由にかつスムーズに観光を満喫できると思います。

事前にどこでチェックインをし、どこでチェックアウトをするかしっかり伝えておきましょう。

その他のメリット

メインでお伝えしたいメリットを1つずつ紹介してきましたが、その他にも、

  • 1階からも海が見れますが2階からの景色がさらに最高(A・B棟)
  • 2階の畳がなんだかいい感じ(ごろ~んとゆっくりするだけでも満足)
  • ばしゃ山村で朝食が付けられる

など、いい点が多かったです。

海の見える貸別荘「ラッキーハウス」のデメリット

BBQセットは揃っていますが網がちょっと汚かった

BBQをする上で大事なのが網ですよね。

食材を直接のせる網が汚いと、テンションも下がっちゃいますし、焼くとはいっても人によっては最悪体調を崩す場合もあるかもしれません。

その網がちょっと汚かったな~といった印象を受けました。

あとは穴が開いている網があったりと…このあたりは気にしすぎかもしれませんが、100均などで網を調達しておくのがいいでしょう。

手ぶらでBBQは4名様~なのでカップルや夫婦では利用できない

手ぶらでBBQ(要予約)がありますが、僕も1度利用はしたかったのですが4名様~のみとの事で利用はできませんでした。

そのため、カップルや夫婦でBBQをするには、食材から全て自分で調達する必要があります

僕は基本的に全て調達したい派なので、まったく問題はないですが、手ぶらでBBQを楽しみたい!と考えている人は注意が必要です。

手ぶらでBBQを申し込みたい方はこちらからご確認ください。

F棟からは海が見れない&部屋が小さい

奄美ラッキーハウスのC・E・F棟
奄美ラッキーハウスのC・E・F棟(引用:奄美ラッキーハウス

先に記載している料金から見て取れるように、F棟はちょっと部屋が狭い印象があります。(上の画像の左の棟がF棟です。

またF棟からは海を見る事はできません。(ただしC・E棟の並びにあるので、海は近いです。)

せっかく奄美大島に観光で訪れるので、部屋からでも海を見たいですよね。

このような事を考えてF棟以外がオススメですが、実際に泊まった僕の中で一番のオススメはA・B棟です。

A・B棟の前で海を見ながらBBQを楽しむ事が出来ますので、もし予約時にリクエストができる場合は、A・B棟をリクエストするのがいいでしょう。

まとめ

今回は奄美大島で手軽に楽しめる貸別荘の「ラッキーハウス」をご紹介いたしました。

奄美大島「ラッキーハウス」のポイント
  • A~F棟ある中で、A・B棟がオススメ
  • 1棟貸切料金の為、人数が多ければお得
  • 目の前が海なのでシュノーケリングし放題
  • シュノーケリング後に海を見ながらのBBQは最高
  • BBQの炭、網、着火剤、チャッカマン、食材、飲み物は各自で用意
  • 4名様以上で、手ぶらでBBQプランがある(BBQの用意は必要なし)
  • チェックイン/チェックアウトが複数の場所でできる(要事前連絡)

奄美大島に行ってシュノーケリングも満喫したいけど、BBQも楽しみたいな~と考えている人にピッタリな貸別荘だと思います。

またチェックイン/チェックアウトが複数の場所でできるのも、スケジュールが立てやすく快適に観光ができる事でしょう。

あなたも1度、奄美大島の「ラッキーハウス」に宿泊してみてはどうですか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。