【奄美大島】沖縄だけじゃない!世界に誇れるほど美しい実久ブルー

【奄美大島】沖縄だけじゃない!世界に誇れるほど美しい実久ブルー 奄美大島
【奄美大島】沖縄だけじゃない!世界に誇れるほど美しい実久ブルー

こんにちは。

僕は一時期、沖縄県は石垣島によくシュノーケリングや、

ダイビングに行ってたのですが、2019年に奄美大島に行きそこで、

石垣島や世界にも負けない実久ブルーを見てきました。

記事の後半に実久ブルーの写真をアップしておりますので、

写真だけ見たい人は最初の方を飛ばしちゃってください。笑

沖縄や世界に誇れると言ったわけとは

かなり昔にある人から、

世界中の海でダイビングをしてきたけど、その中でも一番キレイだったのはこの日本の石垣島の海だったよ!

と言われたのがきっかけでもありますが、一度石垣島に行ってみたいなーと思い、

一回行って石垣島の魅力に取りつかれました。

海もキレイだし温暖な気候、後は島人のノリといったところでしょうか。

いずれは石垣島に住みたいなーとまで思いました。

※これは今でも思っています。

 

ちなみに宮古島も何度も行っていますが、僕個人的には石垣島が好きかなーと。

海はぶっちゃけどちらもキレイです。

ネットでは宮古島の方がキレイ、といった意見がちらほらありますが、

ビーチエントリーでは確かに宮古島の方がいいかもしれません。

ただ舟でシュノーケリングやダイビングとなると石垣島の方がいいのかなと。

行った時期とかにもよるのかもしれませんが、

宮古島の旅行者は若者が多いせいか?いつもビーチが汚ないなといった印象です。

奄美大島の場所

ちょっと話がそれましたが、本題の奄美大島です。

奄美大島は沖縄本島と鹿児島県のちょうど中間に位置しています。

面積712.35 km2であり、本州など4島を除くと佐渡島に次ぎ面積5位の島である(大きな方から順番に、択捉島-国後島-沖縄本島-佐渡島-奄美大島)。年間の日照時間が日本一短い。大島海峡沿岸や湯湾岳などは奄美群島国立公園の一部となっている。1901年2月12日に降雪が記録されていて、115年ぶりに2016年1月24日にも、降雪が記録されている。奄美大島の海岸には、サーフィンに適した波がありサーファー達に人気がある。台風の通過が多く、毎年のように崖崩れや農作物などへの被害が発生するほか、2010年10月には記録的な豪雨が島を襲い、3名が死亡した(奄美豪雨 (2010年))。

wikipediaから引用

日照時間が日本一短い、というのは以外かもしれませんが、

地元の人に聞いたところ、雨が結構多いみたいです。

沖縄とか南の島へ行く人、は梅雨明けを目掛けて旅行を組む人が多いと思いますが、

奄美大島では梅雨明けしても豪雨が続いたりする年も結構あるみたいです。

実際に僕が言った時も前日までは豪雨でタクシーの人に、

「お客さん、ほんと運がよかったね~昨日までは最悪でしたよ。笑」

と言われました。笑

実久海岸の場所やアクセス方法

実久海岸の場所ですが、

奄美大島の古仁屋港からフェリーで行ける加計呂麻島の北部に位置しています。

フェリーでは20分程度で加計呂麻島(瀬相港)へ行けますが、天候次第では欠航とかもあるので、

事前に確認するのがオススメです。

実際に僕も奄美大島旅行の2日目に加計呂麻島に行く予定を立て、

前日に実際に古仁屋港まで行きそこで予約手続きを行いました。

※車も一緒に運べるフェリーです。

↑こちらが参考になります。海上タクシーなるものがあるみたいです。

 

加計呂麻島の瀬相港からは車で約30分といったところです。

近くにバス停や、休憩所がありトイレやシャワーも完備されているので、

バスで向かう事も可能です。ですがやはりここはレンタカーがいいですね。

※実久海岸以外に加計呂麻島の他のビーチ等も回りやすい為。

 

奄美大島へは格安航空券予約No.1のエアトリ‎がオススメです。

世界にも誇れる実久ブルー(写真あり)

なんでもない普通のデジカメでも十分取れましたが、

毎回思うのですが海を撮る為にいいカメラを買おうかな・・・。

実久ブルーです。
行ったときは空も青くで 実久ブルーもさらに青くなってました。
ずっと見てられます。
梅雨上げ後すぐでしたが、お客さんは疎らです。沖縄みたいに沢山はいなかった。
すぐに魚は見れます。
沖縄とかでも定番ですね、枝珊瑚。
テーブル珊瑚も。
沖に2~30メートルくらい行くとダイナミックなドロップオフの地形に。
実久ブルーの海の中も珊瑚がたくさんです。

まとめ

どうでしたか。

この記事を書いていてまたすぐにでも奄美大島に行きたくなってきました!

ちなみに実久海岸でいいシュノーケリングスポットは右奥の方です。

※写真にも書きましたが沖に2~30メートル付近

 

シュノーケリングやダイビングが好きな人でまだ行ったことがない人、

海を見るのが大好きな人にとっては最高の場所だと思います。

後、仕事で疲れた人にもおすすめの場所です。

※沖縄よりは観光客は少ないです。