テックアカデミーを利用してSwift(iOS)エンジニアを目指す最短方法

テックアカデミーを利用してSwift(iOS)エンジニアを目指す最短方法 プログラミング
テックアカデミーを利用してSwift(iOS)エンジニアを目指す最短方法

オンラインプログラミングスクールで有名なテックアカデミー。

そんなテックアカデミーではSwift(iOS)を最短(4週間)で覚えられるコースがあります。

最短で実践で役立つスキルを身につける為に、テックアカデミーを利用してみるのはどうでしょうか。

今回なそんなテックアカデミーのiPhoneアプリコースをご紹介いたします。

※本記事に記載している情報は2020年06月16日時点のものです。

このブログは現役のエンジニア(プログラマー歴が約12年)の僕(よしたか)が2019年12月後半から日々更新しております。

もしもアフィリエイトは会員登録後も無料です!
今すぐ会員登録してアフィリエイトを始めよう!

テックアカデミーのiPhoneコース

テックアカデミーのiPhoneコース
テックアカデミーのiPhoneコース

テックアカデミーではSwiftを短期間で覚えられるコースがあります。その名も「iPhoneコース」。

このコースで覚えられる技術としては、

  • Swift
  • Xcode
  • Git/GitHub
  • Firebase

あたりとなります。

iPhoneアプリ開発の基本となるSwiftやXcode、その他にアプリ開発に何かと便利なFirebaseまで、これだけ覚えられればiPhoneアプリは作れるようになると思います。

実際にこのコースの学習期間内に、

  • 横スクロール型アクションゲームアプリ
  • タスク管理アプリ
  • Instagramクローンアプリ
  • オリジナルアプリ

上記4つのリリースを目指すカリキュラムとなっており、より実践(社会)出も通用するスキルが身に着くと思います。

世界ではiPhoneよりAndroidの方が利用が多いですが、日本ではまだまだiPhoneの利用の方が多いので、まだまだiOSエンジニアはどの企業も欲しがる人材かと思います。

オンラインのプログラミングスクールTechAcademy
※エンジニア転職保障コースあり
※子ども向けのコースあり

iPhoneコースの詳細

では、テックアカデミーのiPhoneコースの詳細を見ていきましょう。

料金プラン

社会人学生
149,000円129,000円
<集中して学びたい方向けの4週間プラン>

この通り、社会人だと14,9000円で学生だと129,000円でとなります。

ちょっと高いかも?と思うかもしれませんが、これが一番最安値(最短プラン)となります。

4週間プラン以外にも、8週間12週間16週間のプランもありますが、ぶっちゃけ4週間プランで十分かなと思います。(4週間以外のプランでは先割のキャンペーンがあります。)

なぜ4週間プランで十分なのか、と言いますと、

  • 短期集中の方が早く覚えられる(その分他の学習に当てられる)
  • チャットサポートの時間は16週間プランになろうが変わらない
  • そもそも4週間で覚えられない場合はエンジニアには向いていない

あたりでしょうか。

さくっと厳しい事も書いてますが、現実はこんなものです。

HPではプランが長くなればなるほど、お得と書いてありますが料金と期間を比較すれば、そうなる事は当たり前ですよね…。

くれぐれもそのあたりは騙されないようにしましょう。しつこいですが短期集中が一番いいです。

必要な持ち物

  • Mac(OS 10.14.4 以上)のPC
  • 基本的なPC操作

上記があれば問題なさそうです。

Swift(iOS)開発なので、WindowsじゃなくMac一択でしょう。

Macでもブートキャンプとか仮想技術を利用すればWindowsが使えるので、そういった点でのMacを1台持っておく事がオススメです。

あとできるだけノートPCがオススメです。

ウェブマイクカメラがないとコース受講が難しい&ノートPCだと学習の場所を選ばない、という点でノートPCがオススメです。

また、テックアカデミーのようなオンライン系の決済ってクレジットだけ、とかが多いですが、クレジットとコンビニ支払銀行振込にも対応しているので、クレジットカードがなくてもOKです。

オンラインのプログラミングスクールTechAcademy
※エンジニア転職保障コースあり
※子ども向けのコースあり

学生には条件あり

料金プランでも表示しておりますが、テックアカデミーでは社会人と学生とで料金が変わってきます。

もちろん誰でも学生であれば申請できるわけではなく、以下の2つの条件があります。

  • 25歳以下が対象
  • 学生証の提出が必要

普通の学生でしたら特に気にする必要はないですが、何浪もしている人には…条件にマッチしないかもしれませんね…。

年末年始は一部休止になる

年末年始は一部、メンターサポートの休止となります。

今から年末年始にかけて受講したい!と考えている方は要チェックですね。

ただしメンターサポートの休止期間にかかる場合は、受講が最大7日間延長されるようです。

ちなみに2020年~2021年にかけては、2020年12月28日~2021年1月3日についてメンターサポートの休止期間となります。

キャンセルは場合によって可能

申し込んだけどキャンセルしたい、と思う人もいると思いますが、場合によっては全額返金されます。

  • 学習システム(カリキュラム)にログイン実施前
  • 受講開始日の1営業日前まで

この2つの条件を満たす場合には、振込手数料を引いて全額返金可能となります。

ただし、受付は平日の10時~19時の間ですので、いずれにしてもキャンセルを行いたい場合は、早めに申請するようにしましょう。

まとめ

この記事のおさらい
  • テックアカデミーではSwift(iOS)を集中して学べる
  • 学生だと社会人より少しだけ割引となる
  • WindowsはNGでMacのノートPCがよい

いかがだったでしょうか。

本記事で紹介しているコースは、Swift(iOS)に特化したコースとなりますが、その他にもiPhoneアプリとAndroidアプリセット、UnityとiPhoneアプリセット、など様々なコースが用意されております。

ご自身にあったコースを選んで最短でSwift(iOS)を覚えてみませんか?

オンラインのプログラミングスクールTechAcademy
※エンジニア転職保障コースあり
※子ども向けのコースあり