Javascriptやbodyタグで右クリックをできなくする方法

Javascriptやbodyタグで右クリックをできなくする方法 プログラミング
Javascriptやbodyタグで右クリックをできなくする方法

Webサイト開発を行っていると右クリックをしてほしくない時ってありますよね?

例えばソースを見られたくないとかでしょうか。

今回はJavascriptやbodyタグで右クリックをできなくする方法を紹介したいと思います。

このブログは現役のエンジニア(プログラマー歴が約12年)の僕(よしたか)が2019年12月後半から日々更新しております。

もしもアフィリエイトは会員登録後も無料です!
今すぐ会員登録してアフィリエイトを始めよう!

Javascriptやbodyタグで右クリックをできなくする方法

ではどんな手順か見ていきましょう。

bodyタグで右クリックをできなくする方法

<body oncontextmenu='return false;'>

このようにすれば、bodyタグで対応する事が出来ます。

Javascriptで右クリックをできなくする方法

<script type="text/javascript">
document.getElementsByTagName('html')[0].oncontextmenu = function () {return false;}
</script>

このようにすれば、Javascriptで対応する事が出来ます。

「getElementsByTagName」で「html」にした方がブラウザの幅全てに対しれ右クリックが出来なくなるので、bodyタグよりはこちらのJavascriptでの対応の方がいいのかなと個人的には思います。

まとめ

この記事のおさらい
  • JavascriptやbodyタグでWebサイトの右クリックをできなく出来る

いかがだったでしょうか。

簡単ですよね。僕個人的にはJavascriptで制御した方が何かとやりやすいかな~と思っています。Webサイトの作り次第かと思いますが、是非参考にしてください。

今日はさくっと以上になります。

 

ちなみに、WordpressもLinuxも利用できるレンタルサーバーはエックスサーバーがオススメです。