【実体験】今からでも遅くない!独学でプログラム(php)を覚える方法を紹介

【実体験】今からでも遅くない!独学でプログラム(php)を覚える方法を紹介 仕事
【実体験】今からでも遅くない!独学でプログラム(php)を覚える方法を紹介

こんにちは。

2020年に小学校でプログラミングが必修化されるニュースがありました。

そのまさに今年が2020年。

 

世の中では何年後には職業によって、AIに仕事が奪われるのではないか?

とか言われていますが、プログラミングも奪われる?まではいかないまでも、

どんどん若い子に取られそうな感じです。

※実際にプログラミングは若い10〜20台の方が覚えは早いです。

 

ただそれでも今から覚えたい!といった大人の方もいると思いますので、

そのようなターゲット向けに、私が実体験してきた内容を紹介したいと思います。

正直、好き嫌いがあるのでまずは飛び込む事、が大事です。

 

この記事は、

  • なんとなくプログラムを覚えたいな
  • デザイナーだけどプログラムも覚えたい

上記のような人向けの記事となります。

ちなみに言語としてはphpとさせていただきます。

またプログラミングにフォーカスを当てているので、

最低限のhtmlやcssは覚えておきましょう。

ステップ1、レンタルサーバー契約

まずはレンタルサーバー契約。

これがないと始まりません。

今はオンラインで開発できるツールなどもありますが、

あくまでも僕の実体験を元の紹介させていただきます。

 

どんなレンタルサーバーがいいのか、迷うところですよね。

最初は本当になんでもいいです。安ければ安いほど。

あまり初期段階でお金をかけたくないですもんね。

さくらのレンタルサーバ | 高速・安定WordPressなら!無料2週間お試し
高速、安定サーバーならさくらのレンタルサーバ!PHP7モジュールモードでWordPress高速化。無料SSL、Webフォント、バックアップ機能などWebサイト制作に便利な機能が充実。ドメイン取得、WordPressインストールも簡単。無料電話サポートで個人から法人まで安心してお使いいただけます。

僕がよく使っているさくらインターネットの場合は、

月額131円で契約できます。

※1ヵ月、ジュース1本分ですよね。

 

補足ですが、vagrant/virtualboxなどを利用すれば、

手持ちのPCで開発が行えるようになりますが、

あくまでも初心者向けの記事とするので、この辺りは割愛させて頂きます。

 

僕の経験ですがプログラムを覚えて行く過程で、

業務の幅を広げる為に自分でサーバー構築できるようになるのがベストですね。

ステップ2、ドメインを取る(ぶっちゃけこれは不要)

ステップ2としてはドメインをとります。

が、これはぶっちゃけ不要です。

独学で覚えたphpで何かしらのページを公開したい人は、

ドメインが必要ですが、まずは勉強!と思う人にとってみれば最初は不要です。

※hosts書き換えで開発したページを見ましょう。

 

ちなみにドメインは年額1000円とかで取得できます。

ステップ3、適当なページを作る

もうこれで終わりです。

このステップ3をいかにたくさん行うか肝心ですね。

 

実体験ですが僕の場合は当時、石垣島旅行にはまっていました。

毎年のようにシュノーケリングやダイビングで石垣島に行っていたのですが、

あの美しい海をもっと他の人にも伝えたい、というのもあって

独学で石垣島の紹介ページを作ろうと思い行動にうつしました。

 

当時はフレームワークとかもあまり浸透しておらず、

もちろんそのような言葉自体知らなかったので、

html、css、javascript、簡単なphpで約30ページくらいある石垣島紹介サイトを作りました。

※残念ながら現在はクローズしています・・。

 

当時はサラリーマンで仕事以外の時間を全てこの作業に費やしていた記憶があります。

プログラム知識もないので、毎晩遅くまで勉強してはテストの繰り返し・・

そんな僕でも1〜2ヵ月くらいで約30ページくらいある石垣島紹介サイトが作れました。

※たしか当時の睡眠時間は2〜3時間とかもっと少なかったかなと。

 

ただし、冒頭にも書きましたが好き嫌いがあるので、

この作業が続けられる人が結果的にプログラミングが覚えられる人だと思います。

きつい言い方ですが、このくらいしないと覚えられないよ、といった感じです。

※十分に時間がある人はここまでする必要はないと思いますが。

 

何事も集中できる事が大事という事ですね。

 

補足ですが、世の中にはプログラミングスクール(高い金額)もありますが、

ぶっちゃけこのように独学した方が個人的には覚えやすいと確信しています。

コツコツ一つずつ問題解決しながらの方が覚えやすいですね。

phpを覚える上での注意点

以下の点を注意しておけばよいかなと思います。

  • WindowsではなくLinuxで開発しよう
  • 最初からフレームワークやWordpressなどに飛び込まないようにしよう

WindowsではなくLinuxで開発しよう

これですが、Windowsでphp開発を行なっている企業などもありますが、

圧倒的にLInuxをおすすめ致します。

Windows開発者には申し訳ないですが、めんどくさいです。笑

実際phpの開発を行なっている企業も90%以上、Linuxです。

これははっきりと断言できるので開発する環境はLinuxにしましょう。

 

ちなみにですが、僕は昔、

自宅のWindows機をサーバーとしてDDNS(ダイナミックDNS)で公開してました。

※今はDDNSを使っている人はいるのかな・・

最初からフレームワークやWordpressなどに飛び込まないようにしよう

これもある程度プログラムを覚えてから手を出すのをおすすめ致します。

いわゆるスクラッチ開発をまずは覚えて、ある程度力がついてきたら、

フレームワークやWordpressなどを使うようにしましょう。

※プログラミング独学、という意味ではWordpressは関係ないかもしれませんが一応。

 

ちなみに近年の開発では、

ほぼどの企業もフレームワーク(やWordpress)を利用していると思います。

まとめ

どうでしたか。

結構簡素にまとめた内容になりますが、

まずは何事も挑戦、それが大事だと思います。

合わなかったらやめればいいし、合えば継続すればいいし。

ただしこの記事の内容で、じゃー就職できるか?となるとそれは微妙です。

受かっても「初心者プログラミング歓迎」で安月給のところ程度かなと思います。

プログラミングを覚える事自体はそんなに難しくはないなと思いますが、

実際に開発を行う上ではプログラミング以外も覚えなくてはいけない事があるので、

そこはまた別途記事にして紹介したいと思います。