プログラミングを行う上で実際に僕が使っているオススメツールのご紹介

プログラム 仕事
プログラム

こんにちは。

僕は1人会社の社長をしていますが、

仕事内容はというと主にプログラミングになります。

以前の記事でも書いておりますが、

言語としてはphp、python、java等で、後はインフラ周りもやっています。

2007年からこの業界で働いていますので、2019年時点でざっと12年程度となります。

※そう思うと結構長い年月が経ったんだなとしみじみ・・・

 

そんな僕が仕事の中で使っているツールを紹介したいと思います。

その他で、残念なツールも紹介させて頂きます。

優良だと思うツール

優良だと思うツール

Google カレンダー

定番中の定番カレンダーツールです。

スマホアプリと連動可能です。

設定次第では他のユーザーとカレンダー共有もできるので、

個人的には「タイムツリー」とかも不要なんじゃないかなと思ってしまいます。

Google ToDoリスト

これも定番のToDo管理ツールです。

スマホアプリと連動可能です。

「backlog」、「Jooto」、「Trello」などのツールも利用 (している) していましたが、

個人で利用するToDo管理としては最強かと思います。

  • ToDoリスト登録が簡単
  • Google カレンダーとの連携が最強

とにかくシンプルで使いやすい、それが一番かなと。

Dropbox

定番のオンラインストレージサービスです。

とにかく何でも入れちゃいます。笑

ソースファイルはもちろん、資料や設定ファイル等なんでもです。

気になる点としては、無料プランだと容量が2GBしかないのがネックとなります。

※2019年12月25日時点

Google のバックアップと同期(Google ドライブ)

こちらも定番のオンラインストレージサービスとなります。

Dropboxとの使い分けは好み次第?ですが僕個人的にはどちらも普通に使いやすいと思います。

※「Google フォト」との連動でこちらを使っている人も多いと思います。

 

後は取引先がどのオンラインストレージを使っているか、にもよりますね。

ちなみにこちらは無料プランで容量は15GBとなります。

※2019年12月25日時点

Vagrant / Virtualbox

これはもう鉄板です。笑

プログラミングはもちろん、インフラ周りの仕事もあるので、

環境構築等も含め今のところは一番オススメかなと思っています。

また、ちょっとだけ手間ですがpackageコマンド等を駆使すれば、

WindowsとMacとマルチデバイスで開発も行えるので、

  • 自宅ではWindowsPCで開発
  • 外出先ではMacbookAirで開発

なんてのも可能です。

SublimeText

こちらも鉄板です。

  • とにかく動作が軽い
  • 様々なパッケージが用意されている(Wordpressでいうプラグインみたいなもの)

php開発ではphpstormを使っていた時もあったのですが、

個人的にはSublimeTextの方が使いやすいかなーと。

※SublimeTextからphpstormへ移った人はいますが、このパターンは僕だけ??

 

また、設定ファイル等をDropbox等で同期させておけば、

WindowsPCからでもMacbookAirからでも1から環境構築する必要はないですし、

別環境で開発途中から始められます。

Atom

基本的にはSublimeTextを使っているのですが、

今ではあまりないSJIS環境の開発を行う場合には、ATOMの方が何かと作業がしやすいです。

また、SublimeTextでもプラグインを使えばFTPでリモート開発も行えますが、

リモート開発ではこちらのATOMの方が優秀かなと。

※ちょっと言葉では伝えずらいので、実際にどちらのFTPも試して頂ければと・・・

 

ちなみにこちらも、設定ファイル等をDropbox等で同期させておけば、

WindowsPCからでもMacbookAirからでも1から環境構築する必要はなく、

別環境で開発途中から始められます。

Slack

ビジネスチャットツールでここ何年かで飛躍的に有名になり、

日本でも徐々に増えていますが、世界中では大流行しています。

  • PCやスマホ等どの環境でもサクサク使える
  • 過去のやり取りの検索がしやすい(個人的に)
  • 画像などどんなファイルでも簡単共有
  • 絵文字等もカスタマイズできて自由度が高い
  • 他サービスとの連携が多く作業効率化できる

こんな感じですかね。

取引先とやり取りを行う場合、「Skype」や「Chatwork」、またメール!?以上に、

この「Slack」の方が何かと便利かなと思っています。

※僕の取引先ではあまり使われていないのが残念でなりませんが・・

GitHub

Gitを利用したバージョン管理のウェブサービスですね。

「Backlog」や「Bitbuchet」等と比べても圧倒的に使いやすいですね。

バージョン管理系のクラウドサービスでは(全世界で)一番利用者も多いと思います。

 

ただし、個人的には日本語化に対応してほいしいなーとも思っておりますが、

今のところ使っている分には何も不都合はないので、これでよしとしています。笑

普通だと思うツール

Backlog

タスク管理の定番のツールですね。

※個人での利用よりもチームでの利用がよさそう

 

視覚的に見やすく親しみやすいデザインかなと思います。

気になるのは、

  • 1タスク中でコメントが大量にあると表示がもっさりする
  • githubみたいに複数タスクの紐づけができない(プルリク等で)
  • コミットログも1タスク中のコメントに表記される(これは設定で解決できる?)
  • 複数タブで開くとお知らせアイコン?がいつまでも表示される場合がある

でした。

その為、個人的には「Backlog」よりも「GitHub」の方が見やすく使いやすいかなと。

Evernote

完全なるメモ代わりとして使っています。

僕の場合は、

  • WindowsPC
  • MacbookAir
  • iOSスマホ
  • Androidスマホ

と、同期対象も多いので有料版を使っていますが、

2台まで同期可能な無料版でも機能としては使えると思います。

仕事中はもちろん、外出先で気になった事などは全てこのEvernoteに保存しています。

 

ただし、たまーに同期がうまくいかない(遅い)場合がネックかなと思います。

上記の例だと、WindowsPCでメモAを追加し、その後MacbookAirで開くと、

メモAが同期されていない事があります。

※ツール起動時に同期するような設定にしていますが

 

ただすぐに同期される場合もあるので、

もしかすると、その時の僕の環境(ネットワーク?)の問題だったかもしれませんが。

Chatwork

クラウド型のビジネスチャットツールですね。

メッセージのやり取りだけではなく、タスク管理等もできる万能ツールとなりますが、

個人的には可もなく不可もなく・・といったところでしょうか。

メッセージのやり取りでは「Slack」が使いやすいですし、

タスク管理は「Google ToDoリスト」で十分な為・・・

残念だと思うツール

Skype

リモートでの打合せでは最高なのですが、

チャットツールとして考えると微妙かなと。

僕だけかもしれませんが、

  • たまにPC版とスマホアプリ版とで同期されていない
  • 過去のメッセージが追いにくい
  • そもそもメッセージ検索が微妙

かと思っています。

昔はもうちょっと使いやすかったような記憶があるのですが・・・

仕事上の付き合いだけで使っているので、それがなくなれば僕も使わなくなる予定です。

僕の仕事環境のまとめ

僕の仕事環境等をまとめると、

  • 予定は、「Google カレンダー」で管理
  • やる事リストは、「Google ToDoリスト」で管理
  • やり取りは、「Slack」で行う
  • 開発環境は、「Vagrant / VirtualBox」で「SublimeText」か「ATOM」で行う
  • 開発環境に必要なものは、「Dropbox」や「Google のバックアップと同期」で管理
  • 仕事場所は、自宅(WindowsPC)か外出先(MacbookAir)
  • 自宅でも外出先でも気になる事は常に「Evernote」へ書き込み

ですね。

※取引先によって、「Github」や「Backlog」や「Chatwork」等あり

 

同じ業界にいる人の仕事環境というのは気になりますよね。

一点、オススメツールの中にはオンラインサービスもあります。

個人情報がややこしい昨今では2段階認証などのセキュリティ設定も必ず行った方がいいですね。

僕の仕事環境の紹介でした。