【レビュー】Jeep(ジープ)レネゲードを半年間乗り続けてわかった本当の評価

【レビュー】Jeep(ジープ)レネゲードを半年間乗り続けてわかった本当の評価 Jeep
【レビュー】Jeep(ジープ)レネゲードを半年間乗り続けてわかった本当の評価

こんには。

2019年05月にJeep(ジープ)レネゲードという車を購入しました。外車なので不具合はあるだろうと思いましたが購入の最大の決め手は完全にデザイン(見た目)です。そんな購入から約半年乗り続けてみて分かったJeep(ジープ)レネゲードの本当の評価をオーナーである僕がお伝え致します。

ちなみに僕が購入した「3BA-BU13」をベースにお伝えさせて頂きます。走行距離は半年で8000キロくらいとなります。

この記事でわかる事
  • レネゲードのメリット
  • レネゲードのデメリット
  • レネゲードが合っている人と合わない人

レネゲードの購入に迷っている人の参考になればと思います。

定番のロードサービスはこちらから登録できます。

レネゲードのスペック

Jeep(ジープ)レネゲード
Jeep(ジープ)レネゲード(Jeepから引用

レネゲードの簡単なスペックから説明致します。大きく分けて以下の3タイプに分かれています。

ロンジチュード

Jeep®伝統のボクシーなフォルムに、多彩な機能と充実の安全性能を装備。また、全身にユニークなキャラクターを散りばめるなど、軽快なフットワークを実現しながら、毎日を大きな安心感と遊び心で満たすスモールSUVのベーシックグレード。

Jeepから引用

リミテッド

1.3ℓ マルチエア 直列4気筒ターボエンジンのパワフルな走りをより上質に楽しめるよう快適性を追求。オンもオフもスタイリッシュに駆けめぐるプレミアムグレード。

Jeepから引用

トレイルホーク

Jeep®アクティブドライブローやセレクテレインTMシステムなど、アーバンサイズのボディに、Jeep®本来のパワフルな4×4性能を凝縮。未知なる体験へ、オフロードを満喫するために生まれたアドベンチャーグレード。

Jeepから引用

ベースモデルとなるロンジチュード、幅広いシーンに最適なリミテッド、唯一4WDでオフロードも楽しめるトレイルホークといったタイプになります。

ちなみに僕が購入したのはトレイルホークです。

レネゲードのいいところ

レネゲードのいいところを見ていきましょう。

レネゲードのいいところといえばやっぱりデザイン(見た目)

もうこれに尽きるんじゃないでしょうか。そんな僕もCDのジャケ買いみたいにJeep(ジープ)レネゲードとの出会いは一目惚れでした。

洗練されたエクステリアで他の車とは一味も二味も違うような見た目のインパクトがあります。

FCA最小のSUVだがガッチリした作りで守られている感がある

Jeep(ジープ)はFCA傘下のブランドになりますが、そのFCAの中でも最小サイズのSUVとなります。(2020/02/12時点)

Jeep(ジープ)と聞くと軍用車のイメージや車体が大きいイメージがありますが、その中でも最小サイズという事で日本人にとってはいいポイントかと思います。

純正タイヤはオールシーズンタイヤ

豪雪地帯に住んでいる方にはあまりメリットではないと思いますが、都心部や1年に1回くらいしか雪が降らない地域に住んでいる方にとってみれば、オールシーズンタイヤは魅力的です。

レネゲードの悪いところ

レネゲードの悪いところを見ていきましょう。

FCA最小のSUVだが全幅が1.8m

いいところで最小サイズのSUVと伝えましたが、それでも全幅1.8mあります。とてもコンパクトサイズ、、とまではいきません。

割と大き目の車といったイメージを持った方がいいかもしれません。ちょっとした細い道や山道等は進むのに躊躇する場面もあるかもしれません。

収納スペースが少ない

これはSUV全般で言える事かもしれませんが、車体がガッチリしている分、収納スペースが少ないかなと思います。

SUV車という事でキャンプ等の利用を考えている場合はルーフボックス等を活用するのがいいでしょう。そんな僕もルーフボックスを取り付けています。

また助手席の収納スペースも少ないです。

後部座席はあまり広くない

これもSUV全般で言える事かもしれませんが、後部座席は広くはないです。子供2人とちょっとした荷物でちょうどいいくらいのサイズ感で考えてもらえばいいと思います。

低速域ではギクシャクする

これは人の感じ方にもよると思いますが、僕は低速域ではギクシャクするなーと思いました。

ブレーキが鳴く

これはネットでもよく出ている件ですね。僕のレネゲードもブレーキ鳴きがあります。が常にではない為、あんまり気にしないかなといったところです。

恐らくほとんどのタイヤチェーンが装着不可

オートバックスの店員さんに実際に確認してもらいましたが、ストラット(の筒)とタイヤの間が狭い為、前輪はタイヤチェーンが装着可能で後輪は装着不可でありました。

その為、タイヤチェーンを取り付けたい場合は、最近はやっている布製タイヤチェーン一択になりそうです。そもそもオールシーズンタイヤの為、豪雪地帯に住んでいなければ特に気にする事もないかなと思います。

ガソリンはハイオク

もう慣れましたが、最初はハイオクか~と思いました。僕のレネゲードは今現在、11.5km/Lくらいなのでびっくりするくらい燃費は悪くないので今はよしとしています。笑

ちなみにマイナーチェンジ前(初期型)のレネゲードはガソリン車もありました。

純正ナビのUconnectがたまにおかしい

これは僕の使い方がおかしいのかもしれませんが、

  • たまに設定が初期化になる
  • たまにCarPlayが途切れる

上記症状があります。ディーラーで一度見てもらいましたが、Uconnectは米国のパナソニック製?との事でした。日本製と違って不具合は少なからずあるかもしれません、との事でしたので、ディーラーでもはっきりした情報が入ってきていないんだなと・・。

ATのMモードでビビる時がある

オートマでよくあるBレンジとかですが、レネゲードはATのマニュアルモードがあります。坂道等でエンジンブレーキを効かせようと1段下げても、スムーズにエンジンブレーキが効き始めない事があります。ネットで他の方の意見がありましたが「エンジンブレーキが効き始めるまでニュートラルみたいな空走感がある」←こんな感じでした。

レネゲードオーナーでもある僕個人的な感想

レネゲードのいいところと悪いところを上げていきました。悪いところの方が圧倒的に多いですが、僕個人的にはそれを超越するほどデザインが魅力的だと思っています。(レネゲードのデザインが好みでない人にとっては他の車種を選んだ方がいいでしょう。)

そもそも外車なので多少のトラブルは許容範囲内です。その点を考えればベンツやBMWとかはJeep(ジープ)よりかはトラブルが少ないと思うので、そちらを選択するのもありだと思います。

ちなみに僕の場合は、プライベートと仕事兼用で利用する車という事で購入しました。仕事の件はこちらではいったん置いといて、プライベートではペットを2匹(柴犬)いる為、ペットと様々な場所に行くためにレンタカーではどうしても限界があり車購入を決断しました。

一応参考までにですが、僕と妻とペット2匹(どちらも8kgの中型サイズの柴犬)のクレートを積んで、バーベキューやキャンプ道具を積むと、車の中はいっぱいいっぱいです。後部座席は常に倒している状態でこのような感じなので、お子さんがいるような家庭でペットもいましたらあまりレネゲードはオススメしません。

トレイルホークの場合は、ラゲッジスペースの下側に純正タイヤと同サイズのスペアタイヤが格納されています。スペアタイヤはいらない!という人はこのスペアタイヤを外してこの部分を収納スペースとして利用する事も出来ます。

まとめ

自動車保険の一括見積もりはこちらからできます。
この記事のおさらい
  • 外車という事を理解(多少のトラブルも気にしない)
  • 性能よりも見た目重視 (多少のトラブルも気にしない)
  • 収納や車内空間からファミリーカーには向かない

いかがだったでしょうか。纏めると上記3点になります。レネゲードに合う人、合わない人は当然いると思いますが合う人にとってみればJeep(ジープ)レネゲードは最高にオススメできます。