ソースからインストールしたPHPに後からモジュールを追加する手順

ソースからインストールしたPHPに後からモジュールを追加する手順 プログラミング
ソースからインストールしたPHPに後からモジュールを追加する手順

PHPのインストール方法はyumで手っ取り早くインストールする方法と、ソースからインストールする方法があります。

僕はもっぱら後者で毎回ソースからインストールをしているのですが、インストール後にモジュールを追加したい場合ってありますよね。

例えば初期インストール時は必要最低限のモジュールだけ組み込んで、後から徐々にモジュールを追加していく…など。

今回はそんな、ソースからインストールしたPHPに後からモジュールを追加する方法を見ていきたいと思います。

このブログは現役のエンジニア(プログラマー歴が約12年)の僕(よしたか)が2019年12月後半から日々更新しております。

もしもアフィリエイトは会員登録後も無料です!
今すぐ会員登録してアフィリエイトを始めよう!

ソースからインストールしたPHPにモジュールを追加したい時はphpizeを使おう

ではどのように後からモジュールを追加するのかというと、「phpize」という便利なコマンドを利用します。

今回はbcmathというPHPで少数を正確に扱うモジュールを追加する手順を紹介させて頂きます。

またパス等は適時ご利用の環境に合わせて頂ければと思います。

PHPソースファイルのextensionフォルダに移動

cd /usr/local/src/php/extension/curl

configureファイルを生成する為にphpizeを実行

phpize

configureを実行

./configure --enable-bcmath

モジュールを作成

make

モジュールをインストール

make install

作成されたbcmath.soをextensionディレクトリへコピー

cp -p /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20121212/bcmath.so /usr/local/lib/php/extensions/

コピーしたモジュールを読み込み

vi /usr/local/lib/php.ini
=====
extension=bcmath.so
=====

Apacheのリスタート

service httpd restart

インストールされているか確認

php -i | grep 'bcmath'

このようにphpizeを使うと1からビルドする必要はなく、簡単にモジュールを追加できます。

まとめ

この記事のおさらい
  • phpizeを使ってソースからインストールしたPHPにモジュール追加しよう

いかがだったでしょうか。

近年ではソースからインストールして構築~という人は少なくなったような気がします。ですが個人的には環境依存しない(不要なものがインストールされない)ソースからのインストールする方法がベストだと思っています。

このように後からモジュール追加も簡単ですので、是非ソースからのインストールをオススメ致します。(ちょっと話の趣旨が変わってしまいましたね、すみません…)

今回はこれでサクッと終了です。