【Linux】特定コマンドを一定間隔で繰り返し実行する方法

【Linux】特定コマンドを一定間隔で繰り返し実行する方法 プログラミング
【Linux】特定コマンドを一定間隔で繰り返し実行する方法

プログラミングを勉強していると、サーバーの状態を確認したい時ってありますよね。

どのプログラムでどんな負荷なのか?とかどのプロセスがどのくらい時間がかかっているのか、とかetc。

そんな時は『watch』コマンドが便利です。

今日はそんな『watch』コマンドの使い方を説明させて頂きます。

このブログは現役のエンジニア(プログラマー歴が約12年)の僕(よしたか)が2019年12月後半から日々更新しております。

もしもアフィリエイトは会員登録後も無料です!
今すぐ会員登録してアフィリエイトを始めよう!

Linuxで特定コマンドを一定間隔で繰り返し実行する方法

では繰り返し実行する方法を見ていきたいと思います。

watchコマンド

僕がよく使うのは『watch』コマンドです。

例えば、『test.sh』が実行されているか確認するには、以下のような感じで行う事が多いと思います。

ps -ef | grep test.sh

1回だけでしたら問題ないですが、定期的(5秒毎など)に『test.sh』の起動確認したい場合では、何回も上記のコマンドを実行しなければいけないですよね。

そんな時に便利なのが『watch』コマンドです。

watchコマンドの使い方

『watch』コマンドの実際の使い方を見ていきましょう。

使い方は簡単で、一定間隔で確認したいコマンドを渡せばいいだけですね。

watch -n 5 "ps -ef | grep test.sh"

このようにすると、『test.sh』が実行されているかを5秒間隔で確認できます。

都度コマンドを実行する必要がないので便利ですよね。

ワードプレス設置方法は、『ブログ開設したい方向け!Linuxが触れる程度でのワードプレス設置方法』こちらでまとめております。

是非参考にしてみてください。

まとめ

この記事のおさらい
  • Linuxで特定コマンドを一定間隔繰り返し実行するにはwatchコマンドが便利

いかがだったでしょうか。

Linuxの『watch』コマンドはさまざまな場面で利用ができると思いますので、是非利用してみてください。

今日はさくっと以上になります。

 

ちなみに、WordpressもLinuxも利用できるレンタルサーバーはエックスサーバーがオススメです。