メールを受信してそのまま消す方法【Postfixでの対応方法】

メールを受信してそのまま消す方法【Postfixでの対応方法】 プログラミング
メールを受信してそのまま消す方法【Postfixでの対応方法】

メールを受信してそのまま消すって?と思う人がいるかもしれませんが、開発をしていると以外に必要になったりする場合があります。

例えば、プログラミング開発時にプログラミングエラー時のアラートメールを送信している場合など、場合によっては大量に送られてくる時があります。

いつも同じ内容だったりする場合など、メール確認は不要ですよね。

そんな場合にこのメールを受信してそのまま消す、というのが役立ちます。

このブログは現役のエンジニア(プログラマー歴が約12年)の僕(よしたか)が2019年12月後半から日々更新しております。

もしもアフィリエイトは会員登録後も無料です!
今すぐ会員登録してアフィリエイトを始めよう!

Postfixでメールを受信してそのまま消す方法

ではどのように行うか、その方法を見ていきましょう。

メールをそのまま消す方法

vi /etc/aliases
=====
handle_devnull:   /dev/null
=====
newaliases

まずエイリアスに/dev/nullへのルーティングを設定します。

vi /etc/postfix/virtual_accounts
=====
[受信するメールアドレス] handle_devnull@localhost
=====
postmap /etc/postfix/virtual_accounts

このように[受信するメールアドレス]を[handle_devnull@localhost]へ送る定義を設定します。

vi /etc/postfix/main.cf
=====
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual_accounts
=====
/etc/init.d/postfix restart

定義したファイルを読み込んでPostfixを再起動すればOKです。

これで実際にメールを受信すると、『maillog』に、

delivered to file: /dev/null

このようなログが出力され受信したメールをそのまま消す事が出来ます。

まとめ

この記事のおさらい
  • 大量メール受信が不要な場合はPostfixでメールをそのまま消そう

いかがだったでしょうか。

こういった開発時にちょこっと必要な技術は覚えておいた方がいいですよね。

今日はさくっと以上になります。

 

ちなみに、WordpressもLinuxも利用できるレンタルサーバーはエックスサーバーがオススメです。